今日の出来事をフィギュアやミニチュアを使って表現したものです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

FFXV。全体的に海外、特に欧米に向けての仕様なのは国内市場が冷え込んでいるからですかね?

20160410-01.png

20160410-02.png

キャラクターが厳ついオッサンじゃなくて、イケメンなところは辛うじて日本仕様なのかしら。



国内の作品では一般的とは言い難い“オープンワールド”が受け入れられるか気になるところ。

動画や体験版を見る限り、見た目の雰囲気は悪くないのに、動きがカクカクぎこちない所が気になります。

多くの人が知ってる作品なので、いろんな人に触れてもらうには、やはりナンバータイトルが良いのでしょう。

受け入れられなかった時のリスクもあるけど、新しいものを生み出さないと国内市場は冷え込む一方ですから。

個人的にはXVの開発が後のVIIの開発に役立って欲しいです。例えばオープンワールドのFFIIの世界…

1枚絵のはりぼてだった世界。リアルに構築され自由に冒険できるとしたら…考えただけでワクワクしてしまいます。

スポンサーサイト
2016.04.10 / Top↑

FFXVの“アルティメットコレクターズ エディション”は全世界30,000個限定でした。

20160405-01.png

取り扱いはe-STOREセブンネットショッピングだけと言うこともあり、当初は回線が混み合いました。

e-STOREの方はアクセスが集中し過ぎて緊急メンテナンスが行われるほどでした。

セブンネットショッピングは割り当てられた個数が少なかったのか?1時間程で完売したようです。

e-STOREは途中で緊急メンテナンスこそありましたが、メンテナンス後は通常通り買い物が出来ました。


その後“アルティメットコレクターズ エディション予約が瞬殺”という記事を幾つも見掛けました。

当日、一連の流れを見ていましたが、予約が瞬殺と言うことはなかったです。

セブンネットショッピングは1時間ほどですが、e-STOREは20時50分頃に販売終了してますから。

(e-STOREの緊急メンテナンスは15時~19時まで行われてます。)

公式Twitterの方には予約が瞬殺してしまい入手できないという声が多数届いたそうです。

全世界30,000個は多くはないし、転売目的の人がヤフオク等に高額出品して不満なのは理解できますが、

メンテナンスの時間を除いても4時間程は購入可能で、予約が瞬殺と言うことは無かったです。

ヤフオクの出品が100件としても全体の1%にも満たないわけで、殆ど転売屋に流れたという事実もありません。

(プレイ以外の目的で購入してるのですから、割合が少なければ良いというわけではありません。)

意見するにしても確かなもの(根拠のあるもの)を伝えないと、真摯に受け止めて対応してくれないと思うのです。

2016.04.05 / Top↑

米国ロサンゼルスで行われた“UNCOVERED FINAL FANTASY XV”で様々な情報が公開されましたね。

20160402-01.png

米国で発表会が行われたのは残念ですが、市場規模を考えると仕方がないですね。

PS3のFFXIIIが190万本、FFXIII-2は90万本、ライトニングリターンズでは40万本と

ハードの熟成とは逆行する形で売り上げが落ち込みましたから、PS4での発売となると

普及中のハードと言うこともあり、これまでのような数字(売上)は出ないのかも知れませんね。

それでもPS4本体の普及を加速させるタイトルだと思うので、完成度の高い作品となるよう祈ってます。


発表会に坂口、天野、植松氏が参加されてたのが、古参のファンとしては感慨深かったです。

開発も諸事情で10年と長きに渡りましたが、それ以前からいろいろあったので完成するのか心配でした。


田畑氏の「本来の挑戦者としての姿に立ち返る」という言葉には強いメッセージを感じました。

国内市場は否定的な意見ばかりですが、まだ発売してないわけで…製品で否定的な意見を覆して下さいね。

2016.04.02 / Top↑

1年の休載ののち1年半の休載…ご無沙汰してます。久しぶりの更新です。

20160401-01.png

情報発信の形が多様化する中、ブログの存在も様変わりしましたね。

メッセージは手軽なところが良いけど、本質を伝えるには言葉が足りないかな。

長文でも内容に興味が持てないと、言葉を切り取られたり、最後まで読んでもらえません。


個人的には速報性を求めてないので、のんびりやれるブログが性に合ってるのかな。

久しぶりに更新したのは新生するFFVIIの影響もありますが、FFXVに期待するところもあります。


国内市場が低迷する中、海外を意識した戦略(仕様)は賛否両論あると思いますが、

先の発表会の「本来のチャレンジャーの姿に立ち返らせたい」というメッセージを信じて楽しみにしてます。

2016.04.01 / Top↑
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
2014.09.01 / Top↑
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
2013.07.01 / Top↑
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
2013.06.15 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。